毎日の話題とお役立ち情報と雑談など

あすダネ

テレビ

27時間テレビを見続けたけど面白くなかった理由とめちゃイケの失敗について書くよ

更新日:

tv1

今年もすっかり27時間テレビを27時間近く見続けてしまいました。

仮眠的に寝たのは面白くないの長かったダイヤモンドシニア(還暦世代)の体力測定と早朝のちびっ子ダンス。

 

さんまが司会を務めたダイヤモンドシニアの企画はさんま&くりぃむの芸能界(秘)個人情報グランプリの一企画を水に薄めてとにかく長くしただけと言っても過言ではありませんでした。

編集有りきの企画を生放送で、しかも27時間の最初に持ってきたのは間違いだった気がしますが、おかげで早い時間に仮眠をとることが出来たので良しとします。

 

あと、ちびっ子ダンスは視聴者のターゲットを誰にしてるのでしょうか…

↓2017年の27時間テレビについてはコチラで書いています。

さんま中居の今夜も眠れないが終了?録画だらけの27時間テレビは面白いのか

夏の風物詩とも言えるフジテレビの27時間テレビ。 毎年、頑張って夜更かししながら見ていたものですが、今年はほぼ録画(収録)での放送となり放送日時も例年の7月ではなく9月に変更。 夏休みのリズムを早々に ...

企画が生放送向けじゃない

先にも書きましたがちょっと生放送向けじゃない企画が多かった気がしますね、特に時間配分も含めて編集用の企画が多かったと思います。もちろんさんま中居の今夜も眠れない以降の深夜企画は生放送向けで面白かったのですが、いかんせん前述のダイヤモンドシニア(還暦世代)の体力測定と早朝のちびっ子ダンスは違うと思います。

 

また昼間に放送されたTEDもじっくり見たくなる当たり企画でしたが、こちらは時間に追われて面白さが半減した気がします。

もちろん途中で小型飛行機が落下する死亡事故のニュースが急遽入ってきたことは仕方ありませんが、それならアンタッチャブル山崎をカットする方法もあったのではないでしょうか。折角の企画だっただけにもったいなかったですし、体力測定の時間に見たかったです。

 

何より期待されていた極楽とんぼの山本圭一の出演が無かったのは、吉本の意向なのか事前に噂されすぎたせいなのか、それとも実は極楽とんぼを一人で引っ張ってきた加藤浩次の意向なのでしょうか。一番の目玉になりえる可能性があったのですが、今回は見送りでした。

めちゃイケは限界なのではという疑問

今回の27時間テレビで感じたのはめちゃイケの限界。

ずっと言われているように余剰メンバーが多すぎることもありますが、話を振られてもまともに返せない、むしろ会話に入ってこれないメンバーが多すぎます。

今回はめちゃイケの27時間テレビだったはずが、いつも通りナインティナインの27時間テレビ。

もっと言うと岡村隆史の27時間テレビになっていましたね。

 

余剰メンバーを解決する為に、たんぽぽの2人をバンジージャンプに回したり(白鳥が体調不良で飛べなくなるハプニングも)大久保佳代子をマラソンに回したりしましたが、それでもジャルジャルや敦士、三中元克、それにオリジナルメンバーの鈴木紗理奈と雛形あきこは出番らしい出番もなく会話に入る場面も見られませんでした。

ほとんどの企画はナインティナインの岡村隆史と矢部浩之、それに極楽とんぼの加藤浩次かよゐこの濱口優、それからポイントで有野晋哉が出てくるぐらい。

 

本来なら岡村隆史らが休みたい場面でも出ないといけない状況なのは、めちゃイケの限界を感じました。

彼ら2人だけで番組を作るのなら、当然に当たり外れが出てくるので視聴率の低下も頷けます。今回の出来栄えだと27時間テレビの視聴率も心配です。

 

ここまで走り書きしてみましたが、すっかり重盛さと美のことを忘れていました、それは結局そういう事だと思います(´・ω・`)

天然素材にオールドファンは生唾

また吉本印天然素材とのコラボを推していましたが、そもそも天然素材を知っている若い子がどれぐらいいたのか心配でした。これに歓喜したのは30代より上でしょうか。

天然素材とはナインティナインを筆頭にして雨上がり決死隊、FUJIWARA、バッファロー吾郎(木村明浩、竹若元博)さらには解散したチュッパチャプス(ほっしゃんと宮川大輔)とへびいちご(島川学と高橋智)で結成されたお笑いユニットの事。結成した1991年からナインティナインが脱退する1994年までアイドル的な人気を誇っていました。

1994年以降ナインティナイン以外のメンバーはしばらく不遇の時代の迎える訳ですが別の話。

 

今回の27時間テレビが面白くない理由は生放送に向かない企画の連発とメンバーの組み合わせ、それとマンネリしたコーナーの多さ。

そして何よりも生放送でやることにワクワクしない企画だったことが全てです。

 

めちゃイケという安定感はあるけどワクワクしないメンバーをもってきたのが正解だったのか。

久しぶりに恋のカマ騒ぎが見たかったですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-テレビ
-,

Copyright© あすダネ , 2018 All Rights Reserved.