毎日の話題とお役立ち情報と雑談など

あすダネ

生活

甲子園で高校野球を見る時に持って行きたいアイテム

投稿日:

life2

高校球児による本気と本気のぶつかり合いが堪能出来る甲子園。今年も早速、観戦に行ってきましたが敦賀気比と明徳義塾の試合は最後の最後でドラマがあって楽しかったです。投手がしっかりしている優勝候補の学校同士の試合は見どころたっぷり。

地元大阪から初出場となった大阪偕星学園の9回の裏で追い付かれても10回の表で突き放すという熱い展開に燃えました。

一方、真夏日の甲子園球場は灼熱。ビールを飲んでも氷を噛んでも何をしても暑さには太刀打ちすることができない暑さは試合展開以上に燃えました。

真っ黒に日焼けした顔と腕を見ながら、改めて再確認した甲子園球場に高校野球を見に行くなら持って行って良かったアイテムと、持っていけば良かったアイテムをまとめてみました。

自分への備忘録として。

冷えピタ

熱中症対策にも暑さ対策にも万能で使えるのが冷えピタ。脇に貼っておけば身体全体の熱も冷やしてくれます。持っていく場合は両脇に貼っておいて、冷蔵庫で冷やした冷えピタを替えとして持って行くと即効性と持続性がアップするのでオススメです。

シンプルにおでこに貼るのも良いと思いますが、日差しが直に当たる場所は長持ちしませんから予備を多く持っていく方が良いでしょう。

熱さまシート 大人用 12枚

新品価格
¥498から
(2015/8/9 01:19時点)

水筒など

まず甲子園球場で飲み物を買おうとすると高いことも有りますが、何より端っこの席でないと出入りを頻繁にする事は他の観覧客の邪魔になるので気を使います。試合と試合の合間に買いに行くと、物凄く混んでいるので下手をすれば次の試合が始まってしまったり・・・。

出来れば保温性のある水筒にキンキンに冷やしたポカリスエットを入れるのがオススメです。私は水筒とコンビニで売っている凍らせたペットボトルの飲み物を購入していくのを基本としています。甲子園駅前のコンビニで購入すれば良いだけですが、梅田で購入しておくと混まずに購入出来るプラスちょうど良く溶けています。

ただしビールなどを現地で購入する場合はこの限りではありません。

タオルorボディシート

汗は半端無くかきます。なので汗拭き用のタオルかボディシートを持っていくと快適に過ごせます。イチオシはひんやり冷感を感じられるボディシート、これがあるだけで甲子園で快適に野球観戦が可能です。

またボディシートは汚れた手を拭く為に使用することも可能。万能に使えるのデートの際にはマストアイテム。タオルは予め濡らしておくほうが良いです。

簡易座布団

空気を入れて使うような簡単な座布団を持っていくと、太陽で灼熱の暑さになっている座席の熱を遮る事ができます。また座席は結構硬いですから、直接座っていると確実におしりが痛くなります。

集中を保つためにも持って行くことをオススメします。

帽子

熱射病の予防に帽子は被ったほうが良いです。むしろ被ってないと一試合見た時点で頭が灼熱になってしまいます。ツバが大きなものは他の観客の邪魔になりますので、高校球児と同じようなキャップタイプが良いと思います。甲子園球場で野球観戦する時は、オシャレな髪型を維持する事は諦めてしまいましょう。

帽子を被らない選択をしても、どのみち汗で髪の毛はペッタンコになります。

もし忘れた場合はタオルで覆って代用するのも良いと思います。

まとめ

うちわとかいらないかな?と思われる方も多くいらっしゃると思いますし、実際に甲子園のスタンドを見渡すと、座席であおいでいる方を多く見ます。ですが、スタンドの気温は30度後半を上回っているので、うちわは熱風を起こしているだけになる可能性のあるので、あまりオススメしません。ただ、あまりに無風だから服の中に風を通す程度の使用なら良いと思います。

また甲子園球場ではスタンドからの投げ込みやテロから守るために、瓶や缶の飲み物を持ち込むことは禁止されていますので、缶ビールなどは没収されてしまいますから気を付けて下さい。

高校球児の熱闘を快適に見るためのアイテムまとめが少しでも参考になれば幸いですし。そして皆さんの応援する地元高校の活躍を願っておきます。

スポンサードリンク

-生活

Copyright© あすダネ , 2018 All Rights Reserved.