毎日の話題とお役立ち情報と雑談など

あすダネ

ニュース

山形お天気姉さん号泣の真相とNHKの言い訳(動画あり)

投稿日:

news2

NHK山形放送の夕方6時10分より放送されている「ニュースやまがた6時」のお天気コーナーにおいて気象予報士の岡田みはるが突然号泣したニュースが話題になっています。

芸能リポーターである長谷川まさ子がフジテレビの人気番組ワイドナショーで「39歳で、気象予報士になって5年経ってらっしゃるので、ちょっとどうかと思う。プロとして終わってからトイレで1人で泣けば良い」と発言するなど批判的なコメントを発表する方が大多数です。

これは気象予報士の岡田みはるの大人としての態度がどうなのかに論点をあてており、肝心要の号泣に至るまでの経緯経過が何だったのか。

さらに「お天気コーナーでありながら天気を知らせる事が出来なかった」テレビ局としてどうなのか。

ここまで掘り下げた意見ではないのが現状であり、今回の「山形お天気お姉さんみ号泣事件」と称されるニュースの真相には触れられていません。

岡田みはるさんは39歳の大人の女性。その彼女がテレビカメラに向けて号泣する姿を晒すには、それなりの理由があると考えるのが自然でしょう。

NHKのいじめが原因

NHKはご存知の通り、民放放送ではなく日本の公共放送。それだけに今回のニュースに対して説明責任は大いにあるかと思いますが、現段階では技術的な問題なのか何が原因なのかは分からないという玉虫色の回答が発表されているだけ。

これではネット上に散見する「いじめ」が原因だというのも真実味を帯びてきます。

実際にお天気コーナーの動画を確認して見ましょう。


※削除が必要な場合、コメントよりお知らせください。

動画でも確認出来るようにスイッチング(画面の切り替え)が「デタラメ」過ぎますし、まるで悪意を持っている人間が「わざと」やっているようにも見えます。さらに、今回のようなお天気コーナーでのスイッチング「ミス」は今回が始めてではないとのこと。

幾ら現場がバタバタしていて対応が困難になったとしても号泣する理由にはなりませんが、これがいじめ体質によるものだったとすれば号泣した事も理解できます。動画を見る限り困惑してというより感極まった感じがしますし、メインキャスターがフォローしない事も不自然でしょう。

見え隠れする圧力

不自然なのは他局で一斉に今回のニュースの論点を「何故に号泣したのか」ではなく「大人が泣いたこと」にすり替えており、前述した長谷川まさ子のコメントのように的はずれで個人の責任感に訴えかける内容が多く見られており、これは何かしらの力が働いているように感じます。

もちろん長谷川氏ほかの思考の問題もあるでしょうが、仮にも芸能リポーターである人物と考えると不自然さは否めません。

また、とある芸能関係者のコメントとして「以前から岡田みはるは悩んでおり、なかなか友人の居ない山形にも馴染めていなかった」という趣旨の内容も発表されていますが、真相は分かりません。

さらに岡田みはるの号泣のきっかけとなったデタラメなスイッチングについて以前から所属事務所は把握していたとのコメントを出しており、それが技術的なのか何かは不明とも述べている事から、限りなく黒に近い結果といえるはず。

受信料の徴収でも法律に反した行為を繰り返し、再三裁判でも敗訴となっているNHKですから、いじめの1つや2つ驚きはしませんが、ここまで経っても調査すら発表しないのでは、ネットの噂を暗に認めているのかも知れません。

一方、号泣お天気姉さんとして図らずしも有名になった岡田みはるについては、めちゃめちゃイケてるッ!ぐらいが出演させそうですが、上手くチャンスを掴めればと思います。

スポンサードリンク

-ニュース

Copyright© あすダネ , 2018 All Rights Reserved.