毎日の話題とお役立ち情報と雑談など

あすダネ

テレビ

SMAP解散会見で株を下げたキムタクもジャニーズの犠牲者

投稿日:

smap

今日は2016年1月18日です、という木村拓哉の語りだしで行われたフジテレビのスマスマでのSMAPの会見。メンバーがテンポよく一言ずつ話す姿は、明らかな台本、割り当てられたセリフを強制的に喋らされているのかを如実に示していたと思います。

中央に木村拓哉が陣取り、リーダーの中居正広が下手側に立っていることからも噂されていた独立騒動が真実であったことを証明していたと言えます。

分裂したSMAP

長らく噂のあったジャニーズ事務所社長、ジャニー喜多川の娘でもある副社長のメリー喜多川とSMAPのチーフマネジャーを務めている飯島三智(報道では飯島女史と呼ばれる場合が多い)との対立関係が表面化。SMAPをトップにしたい飯島氏がメンバーを連れて独立を画策したところ、最終的に中居正広らは賛同したが木村拓哉だけは残留を決めた結果、SMAPが空中分解してしまい結果としたキムタクVS他のメンバーの図式になってしまったようです。

ジャニーズでなければテレビに出れない木村拓哉

今回のポイントはジャニーズから独立してからも今までどおりの活動が可能かどうかだったと思います。今や人気司会者ともなった中居正広や草なぎ剛は独立後もバラエティを含めて需要が途絶える事は無さそう。

特に中居正広はダウンタウンの松本人志と交流があるなど芸能界のパイプが充分であり、多少の困難は乗り越えられるという算段があったでしょう。その中居リーダーに従っていくことにより支援を目論んだのが香取慎吾や稲垣吾郎。今よりはテレビなどマスメディアへの露出が減るとはいえ、そこまで困窮しないという思いとSMAPという肩書を手放せない理由もあったと思います。

一方で中居正広と2大看板であった木村拓哉にとってはジャニーズ事務所への恩義と中居傘下に入る事への抵抗感、そして自分自身でもバラエティという舞台では活躍できない事を自覚しており、その結果が独立せずジャニーズに残留するという結論だったと思います。

謝罪中継で株を上げたメンバーと下げたメンバー

前述した1月18日の会見では木村拓哉が中心に陣取り趣旨を説明。その後、他のメンバーが4名が謝罪と説明を行う流れになりました。そこで語られたのは通り一遍等の当たり障りのない台詞でしたが、唯一草なぎ剛が述べた「ジャニーさんに謝る機会を木村くんが作ってくれた」という言葉が独立報道を認める結果になったといえます。

株を上げた中居正広

実は木村拓哉がジャニー喜多川への謝罪の場を設けた事については本来、中居正広の台詞でしたが、それを拒否。当たり障りない台詞を述べるに留まりました。

さらに終始、手に力が入っており右手で左手をつねっているような状態。最後の全員でのお辞儀も誰よりも浅い(普段は誰よりも深い)など、今回の会見に対して納得していない姿勢が垣間見えました。

これらが芸能界の闇を見せており、またジャニーズ事務所のやり方に対して大きな反感を感じると共に、それに対する姿勢を貫いた中居正広に対し賛同する視聴者が多数現れる結果となり、株を上げたのでしょう。

淡々と台詞をこなした稲垣吾郎らとの違いが明確になったエピソードと言えます。

株を下げた木村拓哉

一方で今回の会見を首謀したような形になってしまった木村拓哉はメンバー4人を裏切ったユダとして株を大きく下げてしまいました。これは彼自身の落ち度ではなくジャニーズ事務所に対する不信感が大きい中、そのジャニーズ事務所に唯一残留を表明し、指示に従った結果、巻き添えで不信感を受けているとも言えます。

そもそも木村拓哉については高視聴率俳優としてドラマで活躍した時代もグッドラックやビューティフルライフが最後であり、近年は時勢に逆らえず視聴率の稼げない俳優となっており、好感度も同様に低下。バラエティで活躍する中居正広らと較べて露出量も少なく、そもそもの人気に格差が出たのも事実。

それが今回の会見で致命的な結果になったのかも知れません。

ネットで話題の話

18日の月曜日にスマスマ生中継にて行われた会見時にはtwitterのサーバーが落ちる程ネット上で話題に。その3日前には今までTwitterのサーバーを落とし続けてきたジブリの天空の城ラピュタが放送されており、その中で唱えられる滅びの呪文「バルス」のシーンでも持ち堪えたサーバーを落としたことからも注目度が垣間見えます。

その中でネットで話題になっている事が3つあります。1つは先にも書いたとおり中居正広が株を上げる結果になった会見に対する対抗心が垣間見えた場面。

それとは別に2人のメンバーにも話題となっている事が。

草なぎ剛アンドロイド説

メンバーの中で最後に台詞を述べた草なぎ剛ですが、あまりにも声のトーンが一定で「えー」や「そのー」といった所謂、言葉に詰まる場面が全く無かった事、さらに頭部や顔の動きが最低限が感情が全く無かったとしてアンドロイド説が流れています。

これらの挙動は2009年に泥酔して公園で全裸になり警察保護されるという不祥事に対する謝罪会見でも見られており、どうやら極度の緊張状態に陥った時の癖とも言えます。

それも4人のメンバーが最も言いたくなかったと推測される今回の真相に触れる内容、さらに木村拓哉への感謝の言葉を述べるという大役を担ったことが、さらにアンドロイド感を出したのかも知れません。

元々ロボットのような演技をする傾向にもありますしね。

木村拓哉タイムリープ説

タイムリープとは聞き慣れない言葉ですがタイムトラベルと同じ意味で同じ時間を何度も繰り返している事。鳥山明が書いた人気漫画ドラゴンボールの人造人間編でトランクスがタイムマシンに乗ってきた時のように、タイムマシンのような時空を超えるきっかけが伴うのが通常。

会見時にキムタクが冒頭に「今日は2016年…」と語りだしたように、時空を何度も行き来して解散を阻止してきた為に確認の為に日付を言ったのではないかというもの。また、その犠牲になったのが中居正広の歌声だという説が流れています。

確かに中居正広の声も冒頭の話出しも不自然ではありましたが・・・それなら全裸事件も防いで欲しかったですし、古くは2001年に稲垣吾郎が起こした道路交通法の違反と公務執行妨害罪による逮捕も何とか出来たのではと思います。

ただ木村拓哉がタイムリープするきっかけを手に入れたのは最近という説もありますが…これはネット上のお遊びですね。

スポンサードリンク

-テレビ
-,

Copyright© あすダネ , 2018 All Rights Reserved.