毎日の話題とお役立ち情報と雑談など

あすダネ

テレビ

SMAP解散騒動のまとめと誰も書かない真相

投稿日:

SMAP独立騒動の発端

SMAPの結成後まもなくからマネージャーとしてメンバーの面倒を見ており、また香取慎吾など若いメンバーに至っては10代半ばから教育係でもあった飯島三智が突如としてジャニーズ事務所の取締役を辞任(1月12日)。事務所も退社することからSMAPを連れて独立すると報道され始めた。

この件に関する報道は半分正しく半分誤っているとも言われているが、どこまでが事実なのかは分かっていません。ただ木村拓哉を除いた4人が飯島女史派であり、木村拓哉がジャニー派として分かれてしまったということだけが事実として残っています。

飯島女史とSMAPの関係

飯島女史は元々ジャニーズ事務所の事務職であり、デビュー後まったく売れておらずマネージャーも外されてしまったSMAPの面倒を見る形でマネージャーとして活動を開始したいわば「ズブの素人」でありながら、初めてアイドルをバラエティに売り込むなど斬新なアイディアを打ち出し続け、10年が限界と言われたアイドルの25年以上一線で活躍させ続けてきました。

この手法は後のV6やTOKIO以降のプロモーションにも色濃く活用されており、一つの流れを打ち出したと言えるでしょう。

また早くから森且行や木村拓哉の人気を確立すべく、先のバラエティ番組である夢がMORI MORI』ではMCの森口博子や森脇健児と共に森且行をキックベースボールのメンバーとして活躍させて人気が出るように仕掛けたり、中居正広をMCに近付けていくなど各メンバーの個性を活かした売り込み方を見せた。

これは光GENJIが国民的アイドルとして人気を博しておきながら諸星和己ら特定のメンバー以外、人気どころか名前も知れない状態のままであったため短命に終わった事を冷静に考えた結果とも言えるでしょう。この手法はさらに俳優活動などに幅を広げていき、一人ひとりをスター化する事で「SMAP=スター集団」という構図を作っていきました。

SMAPのメンバーは今の自分達があるのは飯島女史のおかげと思うのも当然だと思います。

マネージャーの実質解雇<

取締役を辞任と表向きは言われていましたが実際は解雇に近い形であり、これは社長のジャニー喜多川が後継者に親族であるジュリー藤島を指名したいが為。ジャニーズ事務所内でもジュリーのマネジメント能力には疑問符がついており、それはNEWSなどの崩壊が物語っています。

ジュリー藤島自身も優秀な飯島女史の前では振る舞いが難しく、出来る社員でありすぎた為、比べられるのが嫌で追い出したと一部では報道されていますが、アクションを起こしたのがどちらにしてもジャニーズ事務所からの退任は実質解雇に近かったのは間違いないでしょう。

騒動後の仕事に異変

騒動後のSMAPはジュリー藤島が見るようになりましたが25周年ライブの計画も全く進まず、中居正広がスマホアプリの汚れCMに出演してしまうなど、全くマネジメントが出来ていない状態に落ちいっていました。これをジャニー喜多川による制裁とみる見方と、飯島女史不在によるマネジメント力の低下とみる見方がありますが私は後者だと考えます。

その後、飯島女史の担当だったKis-My-Ft2の活動がピタッと止まっていることからも見て取れます。そもそもジャニーズ事務所のマネージャ不足は有名でしたから、一人抜けた影響は大きいのかも知れません。

SMAPSMAP(スマスマ)での会見

飯島女史の退任騒動からSMAPが解散するのか、または共に独立するのかとの報道が一気に過熱する事になりました。実はSMAPの独立騒動は今回が初めてではないだけに静観の構えを見せるかと思われましたが、ジャニーズ事務所の動きは早く、わずか2日後15日には生会見が行われることに。

スマスマの番組内での会見になった時点で解散はあっても独立はないと思いましたが、内容とは裏腹にすけて見えた大人の事情は少し違うものに。

立ち位置で見て取れる事務所の思惑

比較するのに適さないかもしれませんが東日本大震災の復興支援のコメントの際には中居正広がリーダーとして真ん中に位置していますし、SMAPがコメントを発する際は必ず同じ並びを貫いてきました。

これも飯島女史不在の影響とも言えるかも知れませんが、ジャニーズ事務所の思惑といったほうが正解でしょう。最終的に事務所残留の決め手となった木村拓哉を真ん中に配置し中居正広を下手に置いた並びはひと目で「制裁」と見て取れましたし、草なぎ剛の「今回、木村くんがジャニーさんに謝る機会を作ってくれて」という謝るというワードからも、今後のSMAPを木村拓哉主導のグループに変えていこうとしていたのが分かります。

結果としてマネージャーという監督が不在となり、リーダーとしての役割を中居正広から剥奪してまで、決してメンバーのまとめ役としては適任ではない木村拓哉に与えてしまったことは後の解散に繋がってしまいましたが、この時はキムタクのSMAPとして走りださせようとしていたはずです。

中居正広のおじぎと指の力

中居正広は誰よりも深くお辞儀をする事で有名でした。音痴だ音痴だと揶揄されても歌番組では深くお時期をしますし、先の復興支援の場面でも同様です。

それが、この会見では頭を垂れる程度のお辞儀しかしていません。これは、この会見に関して「誰に、何に対して頭を下げる必要があるのか」という葛藤があったのでしょうし、自分たちは間違っていないという思いも合ったのでしょう。

手のひらをつねるように強く握った指の力からも無念さがにじみ出ていました。

木村拓哉タイムリープ説

これを冗談話ですがネット上で話題になっていましたね。スマスマの暴動で木村拓哉が「今日は2016年の・・・」と日付を言い始めることからタイムリープを繰り返した結果なのではないかと。

木村拓哉はSMAP解散を避けるために何度も何度も同じ時間を繰り返し、メンバーを思い止まらした結果、今の日付を確認するように不自然に日付を話し始めたという内容でしたが、今となっては皮肉になってしまいますね。

スマップとしての活動

解散を回避したSMAPでしたが前述したとおり飯島女史の不在によりプロモーション活動は皆無になり、木村拓哉の元ではメンバーのモチベーションが上がることもなくなってしまいました。

後の歌番組辞退はこの指揮官不在が大きく影響しており1月の会見直後に修復できていれば、ここまでの事態にはならなかったという声が多いのも事実。後処理を誤った事務所の責任は大きく、日に日に活動は縮小していき心は解散へと傾いていくことになります。

一方、ハワイで解散の一報を聞くことになったように木村拓哉だけは最後まで他のメンバーと合間見れなかった事が伺い知れます。

おれはキムタク派

27時間テレビにおける「さんま中居の今夜も眠れない2016!」ではキムタク派ではなくSMAP派だと語った明石家さんまですが、ラジオなどではキムタク派を公言。報道と真実は違うとして二人で番組をする程の木村拓哉を指示しています。

明石家さんまは義理人情に厚く過去の恩義を忘れない性格でもある為、そもそも事務所からの独立を快く思っていない傾向にあり、またファンのためにもという思いもあるのでしょう。確かに木村拓哉と他の4人との報道を比較すれば正義であることは間違いありません。

ここまで苦楽を共にしてきたメンバーとの溝は露呈しましたが正しいのは木村だという思いが色濃く出ていると思います。

表面化する木村拓哉の孤立

それでも報道が加熱するに連れて孤立していく姿が表面化していき、最後は解散ではなく休止と確認した後に旅立ったハワイで解散報道を見るまでになりました。事務所のミスリードを一手に引き取ることになってしまったのは痛恨だったでしょうし、これにより着いたイメージはこれからの活動に大きな影響をあたえるでしょう。

近年、ヒットドラマも皆無な状態であり、万が一に次の出演ドラマが打ち切りになった場合、芸能活動は終了するかもしれません。ここまで孤立したのは妻の工藤静香のせいだと言われていますが、元来コミュニケーション能力が高いようには感じませんでしたし、そもそものトーク力は少々、不安なレベルだった事も影響しているのかも知れません。

そもそも木村拓哉が格好良いというイメージはマネージャーと中居正広が作り上げてきた結果とも言われています。その二人が舵を取らなくなった今、正念場を迎えるのは必須です。

解散発表

スマスマにおける謝罪会見から半年が経過した8月14日未明、世間ではリオオリンピックが盛り上がっており、まさにテニスの錦織圭がメダルを賭けた戦いに挑んでいる時にニュース速報で知らされたのがSMAP解散の一報でした。

TBS系スポーツニュース番組『S☆1』においては小島瑠璃子が悲鳴をあげ、NHKではニュースとして報道されるなど強い衝撃があった解散発表。休止の噂が飛び交っていた中での解散ですから、それだけメンバー間の溝は深く、またメンバーと事務所の溝は深かったという事でしょう。

中居正広の本音

中居正広はリーダーとしてメンバーをまとめつつも飯島女史について行きたい気持ちもあり、自身が司会をする番組が終了したとしても築いた人脈を駆使すれば生き残れる自信もあったでしょう。年末にがダウンタウンの笑ってはいけないに出演するなど松本人志との交流もあり、他の稲垣吾郎や香取慎吾の面倒も見れると考えていたのでしょう。

誤算だったのは木村拓哉が裏切ったことではなく「面倒を見なくても大丈夫」と見誤ったこと。ここについては大きな後悔をしているのが本音のはずです。

中居正広のコメント全文

ファンの皆様、関係各位の皆様、我々SMAPが解散する事をご報告させて頂きます。ご迷惑をお掛けしました。ご心配をお掛けしました。お世話にもなりました。このような結果に至った事をお許しください。申し訳…ありませんでした…

木村拓哉の本音

木村拓哉自身、一度は独立に傾いたのは事実であり、だからこそSMAP独立騒動に繋がっていったと言われています。では何故最後の最後で翻意にしたのか。一説には工藤静香が止めたとも、ジャニー喜多川から「ジャニーズ事務所の幹部の椅子」を用意されたから、とも言われていますが、一つは中居正広とのバランスが要因となったとも。

バラエティの中居正広に対して歌とドラマを主軸にしてきた自負があった木村拓哉ですが、新体制では中居正広との力を借りなければ、まともに活動するのは難しくなる。その中で力を注力して貰え無いことが分かり幹部の席とを比較して決めたと噂されます。

どちらにしても解散する気はサラサラなく、SMAPという看板がなければ苦しい立場と理解していただけに、ハワイで知った解散という最悪のパターンを回避できなかったのは痛恨だったと想像できます。

木村拓哉のコメント全文

この度の『グループ解散』に関して、正直なところ本当に無念です。でも、25周年のライブもグループ活動も5人揃わなければ何も出来ないので、呑み込むしかないのが現状です。沢山の気持ちで支えて下さったファンの方々、スタッフの皆さんを無視して『解散』と言う本当に情けない結果になってしまいました。今は言葉が上手く見つかりません。

香取慎吾の本音

木村拓哉から貰った財布を10年以上、継ぎ接ぎしながら愛用するほど陶酔していた香取慎吾ですが、今回の解散報道で反キムタク派の先鋒との噂ですが、実際は最も飯島女史を陶酔しており彼女と共に仕事が出来ない環境が耐えられないのが真相か。10大半ばから教育係も務めて貰っており、もはや母親に近い感覚も持っていたと推測されます。

木村拓哉の事は報道されているほど嫌いという訳ではなく、ジャニーズ事務所や芸能界のルール、そして恩返しが出来なかった事に対する焦燥感を募らせているのが実際のところであり、このままジャニーズ事務所に留まる場合は芸能界から引退する可能性もあるでしょう。

香取慎吾のコメント全文

ファンの皆様、そしてスタッフ関係者の皆様。僕らSMAPは解散いたします。応援して下さった沢山の方々に心より感謝申し上げます。そして突然のお知らせとなりましたこと、深くお詫び申し上げます。

稲垣吾郎の本音

近年は主役から脇役にポジションを変更し、様々なドラマや芝居で評価され始めており、今回の騒動については中居正広に任せていた感じが強く、そこまで強引にも独立を考えていなかったと言われています。ただ中居・木村の両名に連絡が取れる唯一のメンバーとして仲介は繰り返していたが効果は疑問。

稲垣吾郎のコメント全文

ファンの皆様、スタッフ関係者の皆様、この度はご心配ご迷惑をお掛けして本当に申し訳ございません。今の状況で五人での活動は難しいと思い、辛い決断ではありますが『解散』という形を取らせて頂く事になりました。どうか僕達の意志をご理解頂けたらと思います。28年間本当にありがとうございました

草なぎ剛の本音

今回の騒動において草なぎ剛は最も中立に近い立場を保っており、自身の不祥事から守ってくれたマネージャーや中居正広への恩義により独立に進んでいたとも言われています。香取慎吾や稲垣吾郎ら独立推進派の意見に従っていただけとも言えるため、木村拓哉との仲もそこまで崩れていないとの噂も。

ただ自身がSMAPという看板を失った時に一線級で活躍するのが難しい事は自覚しており、その結果が中居正広を頼った行動につながっていたのでしょう。

草なぎ剛のコメント全文

この度僕たちSMAPは解散する道を選びました。いつも応援してくれたファンの皆様、支えてくれた関係者の皆様、グループ結成から28年間本当にありがとうございました。今後も精進して参りますので引き続き、温かく見守って頂けると嬉しく思います。

木村拓哉の裏切り説に異論あり

マスコミの報道から世間では木村拓哉の裏切りが原因でSMAPは解散すると言われていますが、果たして真実はそうでしょうか。今回の解散騒動が報道されてから、中居派のメンバーと事務所側についた木村派(グループ内では一人)の確執が騒がれていましたが、過去に独立報道があった際に、その中心にいたのは木村拓哉でした。

その時には他のメンバーの説得もあり思い留まったと、解散しない理由が掲載されていましたが元来独立志向が無かった訳ではありません。それが今回に至っては立場が逆転した理由は、やはり飯島女史の実質解雇が決まってから強行的に他のメンバーが動き始めたこと、そしてそれをするにはSMAPというネームバリューが大きくなり過ぎたことがあるのでしょう。

大人の対応をしたとも言える行動に対して、恩義に対し純粋な思い出行動したかったメンバー。

どちらが正しいかは分かりませんが、まるで「裏切り者のユダ」のように報道されるのは少し違和感を感じます。

工藤静香黒幕説

妻である工藤静香が木村拓哉にジャニーズ事務所に残るように言ったため突然反旗を翻したという報道もあります。元々、工藤静香との結婚は事務所からもメンバーからも、また芸能関係者からも不評であり、良い影響は与えないと御言われ続けていました。それは彼女の影響を受けてトップアイドルにも関わらず足首にタトゥーを入れたことからも明らかで、だからこそと言われています。

今回の騒動に関してわざわざ自分は関与していないとコメントを出しておきながら、事実は違うなどとコメントしたあたりあながち違うとは言い切る事は出来ません。

離婚はするのか

その一方でまことしやかに囁かれるのが木村拓哉と工藤静香との離婚説。こちらも以前から噂が出ていましたが、SMAPというグループが消滅し、スポンサー契約も切れるタイミングを迎えようとしている今が絶好の機会として発表するかも知れません。

いみじくも後輩となるTOKIOの山口達也が先日離婚を発表したことで、事務所初というイメージ悪化に繋がることも薄れていますし模範的な離婚会見を目の当たりにしただけに、目下の課題はなくなったのも事実。

しかしSMAP解散と離婚が重なると全てを失う(ように見える)だけに現実味は低いと思います。

飯島女史は円満退職だった?

ここまで解雇当然に退任を迫られたとしてきたSMAPの元マネージャー飯島三智ですが、元々は円満退職でありSMAPの独立もジャニー喜多川の鶴の一声によりジャニーズ事務所公認だったというのが大方の見方。その内容はSMAPの独立を容認する代わり、売上の一部をジャニーズ事務所へ上納金として収めるというもの。

これは仕事の仕方をジャニーズ事務所のルールに従う必要をなくす代わりに、ギャランティーは縛るという芸能界特有のルールと言えますが、結果として概ね独立が認められていた事になります。それがこのような解散騒動に繋がったのは木村拓哉の残留にあるとも言われています。

ここまでは事実ですが、結局は木村拓哉が途中で反旗を翻しとのか、元より反対していたのか。今回の騒動の答えはそこに尽きるのではないでしょうか。

SMAP解散はベストのタイミング

最年長はリーダーの中居正広で44歳、最年少の香取慎吾でも年が明ければ40歳。その要因はともかくとしてアイドルグループとして節目を迎えるタイミングが近かったのは間違いありません。解散という結果は残念ですが一時代を築き、そして輝かしい状態で幕を下ろすのは終わり方として最高とも言えます。

人気絶頂で解散するからこそ語り継がれる事もあるでしょうから、タイミングだけを見れば私はベストに近いと思います。

各メンバーの今後を予測

解散後の各メンバーがどのような活躍を見せるのか。

来年の事務所移籍が実現するかどうかによっても大きく変わる可能性を秘めていますが現段階では、このようになるでしょう。

生き残るメンバー

中居正広はバラエティを中心にMCろして活躍するのは間違いありません。また歌手を相手に司会できる歌手としては貴重な存在で、今回の解散によりソロで紅白歌合戦の司会なども可能になったと思いますし現状より仕事が減る可能性はあれど仕事の幅は今より広がっていくかも知れません。

また稲垣吾郎は主役としてドラマに出るのではなく脇役として味のある役者に生まれ変わりつつありますし、ジャニーズらしくない悪役もこなしており、役者としての仕事が得られるかも知れません。

テレビから消えるメンバー

一方で香取慎吾や草なぎ剛はSMAPという看板があってこそで、主戦場となる場所が見当たりません。香取はおじゃマップ、草なぎはぷっスマが終わればテレビから消えていくと思います。

問題なのは木村拓哉で主演でしかドラマに出ることはないでしょうが近年の低視聴率連発は明らかに向かい風、1月期のドラマで結果が出なければ、そこで終わる可能性も高くテレビではなく映画が主戦場になる可能性もあります。

共通するのは3人共トーク力が高くなく、バラエティ番組のゲストでは呼ばれないであろうこと。やはり芸能界で生き残るにはトーク力が大事なのでしょうか。

再結成は森且行次第か

気が早い話ですが気になるのは再結成するのかどうか、ファンのみならず気になるところ。勿論、全員が芸能界のいることと同じ事務所にいるかどうかが大きなポイントになるでしょうが、どこかのタイミングで期間限定で再結成はあり得る話だと思います。

鍵を握るのは、ここまで崩壊しないように尽力してきたが報われなかった中居正広と、元メンバーである森且行が参加するかどうか。現状を考えるとメンバーを集められるのは森しかいないとも言えます。

一説には態度を改めることが出来なかった森且行を飯島女史が追放したとも言われるほど、二人の仲は複雑ではないかと思われますが、この二人が仕切ってメンバーを集める事があれば再結成の可能性も高まるでしょう。

結局悪いのは誰なのか

様々な要因が重なりあった原因が今回のSMAP解散に繋がりましたが、結局は卵が先か鶏が先かの問題で最初のアクションが誰なのかになると思います。

キーポイントは飯島女史が仕掛けた独立画策で、これがジュリー藤島らによる追い出しによるものなのか、それとも元マネージャーの飯島女史が仕掛けたものなのか。またこれが無ければ木村拓哉と他のメンバーとの確執は無かったとも言えますが、SMAPの独立はメンバーが仕掛けたのかマネージャーが仕掛けたのが。

きっかけがどこにあるかにより悪人が誰になるのか変わってきますが、遅かれ早かれな結果とも言えるかもしれません。

SMAPへの思い

個人的には学生の頃のアイドルユニットといえばSMAPであり、あすなろ白書以降に人気を得ていくキムタクの姿をリアルタイムで見てきましたし、名司会者として成長していく中居くんの姿も同様です。あまり語られることはありませんが、稲垣吾郎が道路交通法違反で逮捕された時には助手席に菅野美穂が居たのではないかと噂になりましたし、草なぎくんが公園で全裸になって逮捕されたのも驚いた思い出があります。

小さい頃はスーパーキックベースボール良く見たなぁと思いますし、世界に一つだけの花、ライオンハート、セロリなどなど空で歌える曲が最も多いのがSMAPです。

彼らの卒業は一つの大きな時代の終わりであり、これはTOKIOやV6以降のグループと一線を画すると思いますし、やはりジャニーズ事務所の最高傑作は彼ら5人だったと思います。そんな彼らの解散は非常に寂しい思いもありますが、今は個々の活躍を見守りたいと思います。

Smap Vest

新品価格
¥3,216から
(2016/9/6 19:43時点)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-テレビ
-

Copyright© あすダネ , 2018 All Rights Reserved.