毎日の話題とお役立ち情報と雑談など

あすダネ

生活

私がマクドナルドに行きたくない絶対的な1つの理由

投稿日:

10132104067

日本マクドナルドホールディングス、つまりマクドナルドの経営会社が迷走している事は誰もが知っているところで、特に2014年7月の鶏肉偽装問題(いわゆる腐って緑色に変色した肉を使っていたと思わる)から客足が遠のき、それに拍車を掛けています。

注文カウンターからメニュー表を無くすという「客からすれば迷惑この上ない」システムを導入したり、注文から60秒以内に商品が提供できないとハンバーガー無料券をプレゼントする「焦ってぐちゃぐちゃのバーガーを出してくる」システムを導入したり、お茶の間に笑いを届けてくれているのが現状です。

そんな状態を見て「マクドナルドは落ちぶれた」と言う方も多く。マスコミでもそのように取り上げられていますが、私はそうは思いません。

だって元々、マクドナルドには致命的な問題が昔からあって、それがネットが普及した今だからこそ共通認識になっただけのはず。

繰り返しますがマクドナルドには、少なくとも私が見てきた店舗には昔から大きな問題がありました。

店員の目が行き届かない範囲が広すぎる

店員の目というのは店内の配置によって行き届く範囲と、店員が巡回することによって行き届く範囲を指します。これが致命的なぐらい「見ていない範囲が広すぎる」のです。

例えば1階がカウンターで2階に席がある場合、ほとんどの店において2階に店員が来る事はありません。巡回するのは清掃ぐらいですが、それは限られた導線上だけ。結果として未成年の喫煙を含めた他のお客に対する不快な行為の温床となっている店舗を多く見てきました。

時間帯によっては学生だけの店舗も多く、マクドナルド=子連れの家族というイメージは過去も過去となっています。

破れたソファ、落書きされたテーブル

仮にソファは修理や取替などで費用がかかるので後伸ばしにしている。それは有り得るかも知れません。それでも、机の落書きがそのままな店舗も何回か見たことがあります。

これは店員の視野に入っていないのか、入っているけどスルーしているのか解りません。ただ一般企業の感覚なら何かしら手立てを行うはず。その他にも床に散らばったポテトやなんや、ストレスの素となり、いつしか私がマクドナルドを利用するのは持ち帰りかイオンなどのフードコート専用となりました。

それでも持ち帰りで入れ忘れが発生する率が高いので注意するようにしていますが…

バイトだけのオペレーション

明らかに店長や社員が不在にしか見えない店舗も多くなった気がします。それだとバイトは与えられた仕事をして時給を貰うのですから前述した通り、ポテトが落ちっぱなしなのも納得します。

ただ果たして、これから再建を目指す会社として正しいのか疑問は残ります。別段ハンバーガーをキチンと作り、ポテトをサクサクにしてくれれば問題ないのですが、それすら当たり外れがあるのは社員教育、店舗運営が上手くいっていない証拠でしょう。

でもそれは今に始まった事ではなく、店舗拡大しだした頃から見え隠れしていた問題だと思います。

何故なら子供の頃、床に落ちていたポテトを拾って食べようとして、こっぴどく怒られた記憶があるから…

マクドナルドにお願いしたいこと

もう店舗で食べる機会は少なくなったので、兎にも角にもハンバーガーを製法通り作って、萎びれたポテトを提供する事だけは改善して欲しいと思います。色々資金繰りが厳しい中で社員教育は難しいかも知れませんが、マクドナルドが潰れることがないように。ビックマックが明日も食べられるように頑張って欲しいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-生活
-

Copyright© あすダネ , 2018 All Rights Reserved.