毎日の話題とお役立ち情報と雑談など

あすダネ

雑談

2016年の人気記事ランキングの1位が意外だった件

投稿日:

2016年も残すは数日となりました。クリスマスが近づいてくるとサンタの格好をした店員さんが多くなってくると今年も終わるんだな、と感傷的になりそうになものの明らかに似合っていないサンタコス(特にパートの年配者)を見て持ち直す季節です。

そんな年の瀬なので、当ブログであるあすダネの2016年の人気記事をランキング形式でお送りしよう・・・と思ったら1位が意外だった話をしていきます。

ちなみにあすだねというタイトルの意味はあまり(まったく)知られていませんが明日の話題になるような記事だねというコンセプトからつけられています。

誰も興味ないかも知れませんが、たまにはアピールしておいたところでレッツランキング。

5位:名古屋グランパスエイト降格で移籍する選手予想まとめ

Jリーグ発足当時のオリジナル10チームの1つである名古屋グランパスがまさかのJ2降格。クラブのレジェンドであった小倉隆史を監督に招聘し、シモビッチらを獲得した今シーズンでしたが、蓋をあけてみればロングボールだけのサッカーでしかなく見事に崩壊。

闘莉王らを解雇しながら上積みがなく、また途中加入させた選手が次々と故障して使い物にならない負のスパイラルにはまったのは可哀想でしたが名選手が必ずしも名監督ではない代表でした。

正直、小倉隆史が名選手かどうかはアトランタ予選、日本代表デビュー戦の印象が強かっただけで少し疑問ですが…

前置きが長くなりましたが、そんな名古屋グランパスから他チームに移籍する選手のまとめが第3位です。この記事で書いた選手は全員移籍することになりそうで、予想としては大正解だったと思います。

とうせ予想が当たるのなら来週の有馬記念の予想こそ(´・ω・`)

名古屋グランパスエイト降格で移籍する選手予想まとめ

4位:【引きこもり必須】 今年、買ってよかった部屋用防寒グッズ2017冬

記事を書いてから期間は短いものの、コンスタントにアクセスを集めた記事。流入経路がSEOもSNSも中途半端だけど幅広く集めてくれました。またブクマも多かったようですね。

私は基本的に冬の寒い中で出かけることが嫌いであり、出来れば引きこもっていたい派に所属しているので室内の防寒は重要です。むしろ部屋が寒かったら部屋から布団に引きこもってしまいます。

なお一人用コタツの購入はまだ迷い中。ヨドバシとか見に行って実物チェックしたいけど出かけるのが面倒くさい(´・ω・`)

【引きこもり必須】 今年、買ってよかった部屋用防寒グッズ2017冬

3位:>M1グランプリ2016感想と目立った審査の問題点

今年のM1グランプリに関する記事ですがGoogleからの流入よりSNSで拡散されました。ありがとうございます。

あれから見直してみても和牛かスーパーマラドーナの優勝だと断言できますが、先日のNON STYLE井上の当て逃げ事件の際に車に同乗していたことからマイナスで和牛の優勝とします。

でも絶対5人しか審査員がいないのに決勝の採点方法は失敗だと思うんですよね。あれだと実質2票とれば銀シャリの優勝になってしまいますからね。

スーパーマラドーナ
和牛
銀シャリ
和牛
銀シャリ

こんな感じでも銀シャリの優勝です。これはおかしくない?と投げかけたのが意外と反響を頂く結果となりました。

これなら昨年と同じように歴代のチャンピオンを並べた方が良かったのになぁ。なんて思ったりします。

M1グランプリ2016感想と目立った審査の問題点

【緊急提言】 忘年会でPPAPをしようと考える新入社員に告ぐ

何となく忘年会で一発芸的にピコ太郎のPPAPを務めている会社向けにアレンジしてみたらスベりたおした話が2位。

忘年会 + PPAP
忘年会 + 一発芸

など出し物を探したであろうキーワードからの流入が多かった印象があります。トレンドブログのようにアクセスが跳ね上がり、今なお継続中ですがクリスマスを過ぎれば急激に落ちると思われます。29日に会社の忘年会とかしないでしょうから。

しかしPPAPは流行ったわりに真似しても面白くならないのですよね。

なぜなら元が面白くないから・・・

【緊急提言】 忘年会でPPAPをしようと考える新入社員に告ぐ

一位を発表する前に

こうして見返してみると当ブログでは流入ポイントも流入先も定まっていないのが分かりますね。Googleからアクセスを集める記事があればSNSから集まる記事もあり、これは私の方向性の不安定さが、そのまま反映されている気がします。

また自演リンクを張るなどの特に目立ったSEO施策も実施していないので、基本的に流入する検索ワードは自然発生したニッチワードのことが多かったです。ここでは特にキーワードプランナーなどのツールでキーワードを調べたりしていない結果とも言えるでしょう。

しかし、その結果なのか1位にあの記事が来るとは・・・

再確認ですが今回の記事は2016年の人気記事ランキングです。

黄色がだめなら2016年の人気記事ランキングと赤でマーカーもしておきます。

それでは発表します。

まさか、まさかの1位に輝いた記事は(´・ω・`)

1位:M-1グランプリ2015個人採点と感想と漫才について

なぜ??

なぜか不明です??

なぜかしら昨年のM1に関する記事がアクセスを集めて栄えある2016年アクセスランキングを制しました。

2016年のM-1が近づくにつれてアクセスを伸ばし始めて11月に急上昇をしてくれました。M1関連の複合ワードを結構拾ってくれたのが良かったのだと思います。ただ2016年の記事を見に来たのに2015年の記事にたどり着いてしまった人が多数のため、恐ろしい直帰率を見せてくれたのも、この記事でした。

間違いなくGoogleの評価に悪影響だったと思いますが、それに気付いたのは12月になる直前でしたので、諦めました(´・ω・`)

しかし読み直してみて、実際にビデオで見直してみてもトレンディエンジェルの優勝は違うと思います。改めて見るとはっきりするのですが、そこまでの8組がコンテストとして漫才をしていたのに対してトレンディエンジェルだけバラエティの漫才をしており、場の空気も完全に変わってしまいました。

これは今年の和牛の時も感じたのですが、敗者復活に対する目線が他と異なる問題を抱えてしまったのはレギュレーションの欠点が出てきたと思います。そろそろM-1も変革の時かもです。

M-1グランプリ2015個人採点と感想と漫才について

2016年を振り返って

今年一年を振り返ると記事数が少ないのは反省です。特に前半の更新速度は亀の歩みと同様だったと思いますし、テーマ選びの雑さは明日の話題になるような記事だねというコンセプトから反していたのではないかと反省しつつ。

まぁ好き勝手に書いてこそあすダネらしいかなとも思う訳で、これからも肩肘はらずに気楽に更新していきます。

これからもよろしくお願いします(´・ω・`)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-雑談
-,

Copyright© あすダネ , 2018 All Rights Reserved.