毎日の話題とお役立ち情報と雑談など

あすダネ

生活 雑談

「子供を持った時点で自分は脇役になる」って話を読んですごい納得した

更新日:

育児って子供が中心というか、もう全てのスケジュールから行動範囲から子供ありきなんですよね。

子供が起きたら朝ごはん、子供が落ち着いたら公園に行って、この時間からお昼寝、お出かけするならこの時間で帰ってくるのはこの時間まで。

どこに行くのも子供が疲れないか、子供が楽しめるか、離乳食はどうするのかを考えての行動。

それも、また楽しくもあったりしますし「たまには○○行きたいなぁ」と思ったりもします。

そんなとき、ふと目にしたムーチョ@VALU(@mucho)さんが運営しているサイト「カタルエ - 専業主夫の漫画ブログ 」さんの「子供を持った時点で自分は脇役になる」って話をドラクエに例えてみたが納得できたので紹介します。

これから20年の脇役人生が始まります(´・ω・`)

レベル1の主人公をサポートする

「子供を持った時点で自分は脇役になる」って話をドラクエに例えてみた 前編

パパスの気分ですね。

スライムすら苦戦する子供を上手にサポートして、武器の使い方や魔法の使い方を教えていく。

冒険する範囲や出かける先は主人公の成長に合わせてですし、主人公がどれだけ楽しんで冒険できるかどうか。

そして、その楽しんでいる姿を見て楽しむパパス。

もうね、毎日毎日の出来事が新鮮で

 

ぬぉぉぉぉーーー!!

 

ですね。

 

なお気付かぬうちにゲマ(嫁)の地雷を踏んだ結果、イオナズン(やまびこ帽子を装備)を受けて

 

ぬぉぉぉぉーーー!!

 

することも増えていきます。

それが育児というものでしょうか。もしくは倦怠期。

子供は知らぬ間に成長する

「子供を持った時点で自分は脇役になる」って話をドラクエに例えてみた 後編

パパスが仕事している間にも子供は成長します。

朝はハイハイしかしなかった子供が、仕事から帰ってきたら歩きはじめていたり、お菓子を食べていたり、おかあさんといっしょを見るようになったり。

どんどん子供のレベルはあがっていきます。

そしてドラクエと違って、使える魔法が増えたり減ったり。レベル2になれば、ハイハイの魔法は忘れますし、レベルが上がるにつれて甘えるの魔法も使わなくなります。

そして反抗期や親離れといったメガンテ(?)を覚えることも。

想像するだけでも

 

ぬぉぉぉぉーーー!!

 

ですね。

 

脇役の冒険は始まったばかり

パパスとゲマの親としてのレベルは1。

まだまだ脇役としての冒険は始まったばかりですが、これかも主人公の成長を楽しみたいと思います。

だいたくロスという魔法でもパパスやられています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-生活, 雑談
-

Copyright© あすダネ , 2018 All Rights Reserved.