毎日の話題とお役立ち情報と雑談など

あすダネ

サッカー

【2-0】日本勝利でW杯出場決定!オーストラリア戦の選手採点と感想!

投稿日:

サッカー日本代表がオーストラリアをホームで破りロシアワールドカップ出場決定!!

やったーー!

おめでとう日本代表!!

 

それにしてもオーストラリアは噂されていたとおりチーム状態が悪かったですね。

ケーヒル相手に何もさせなかったのか、相手が何もできなかったのかというほど相手はボロボロでした。

 

それでも日本の勝利は見事だったので、久しぶりに採点いきます。

日本代表選手採点

海外組を中心としたメンバー構成ではあったが涼しい気候にも助けられて、全体の動きもよく苦手のオーストラリアを相手にゲームをしていました。

局面での激しさでは負ける場面があったのはチームとしての反省点。

GK 川島永嗣

採点 6

後半早々の吉田麻也との譲り合いなど、ここ一番で決定的なミスをするのはいつも通りか。

彼がスタメンでゴールマウスを守っている現状は日本の課題だと再確認。

DF 酒井宏樹

採点 7

右サイドに君臨し決定的なクロスを何本が上げ、コーナーキックではヘディングシュートを放った。

ゴール前での精度が少し高ければマン・オブ・ザ・マッチの活躍。

DF 吉田麻也

採点 6.5

アンカーの長谷部誠、昌子源と連携して日本代表の最後尾を支え続けた。

途中出場のユリッチに手を焼く場面も見受けられたが決定的な仕事はさせなかった。

DF 昌子源

採点 6

ユリッチ、ケーヒルともに力負けせず相手の攻撃をシャットダウン。

吉田麻也、長谷部誠との連携も良かった。

DF 長友佑都

採点 6

前半の浅野拓磨に上げたクロスは見事。相手の右サイドの攻撃もしっかりと防いでいた。

反面オーバラップは控えめで乾貴士の孤立を招く原因になっていたが、ここは戦術的にバランスをみた結果か。

MF 長谷部誠

採点 8

アンカーとして守備でh危険な場面に顔をだして相手の攻撃の芽を潰しつづけた。オーストラリアのシュート数の少なさは、その結果といえる。

攻撃面でも球離れがよくチームの攻撃を牽引していた。

 

故障から復帰してきたばかりとは思えないほど獅子奮迅のプレーはマン・オブ・ザ・マッチにふさわしい。

MF 井手口陽介

採点 6.5

セットプレーの精度はよく、キックの種類も豊富なところをみせることは出来たがゴールには繋がらず。ロングパスは有効だったが、そのあと前線まで顔をだす場面が少なく、パススピードも弱かった。

後半32分のシュートからエンジンがかかったのか、37分に決めた値千金のゴールで全ての印象を変えた。

 

もう少し消える時間を減らせる事ができれば日本代表の中心になれるはず。

この選手こそ、今予選最大の発見かも。

MF 山口蛍

採点 6

センターハーフとして前半はゴール前まで進出するなど躍動。

後半はバランスを見て後方待機に努めたが、攻守ともに活躍する場面が少なかった、

FW 浅野拓磨

採点 6.5

前半のゴールは見事。力むことなくポイントで合わせる技術はさすが。

スピードを活かして右サイドを突破し日本に攻撃のリズムを呼び寄せていたが、シュート・ドリブルとも最後のワンプレーが中途半端になる場面もあったのは若さゆえか。

 

後半30分の飛び出しは得意な形だけに決めてほしかった。

FW 乾貴士

採点 7.5

得意のドリブルで仕掛ける場面が少なく、長友佑都が後ろに控えたことで孤立する時間も長かったが、一人で局面を打開する力をオーストラリアに見せつけた。

 

守備でも貢献度は高く、苦しい場面でボールキープは日本代表を何度も助けた。

FW 大迫勇也

採点 7

さすがのボールキープで攻撃を牽引。故障を感じさせなかった。

前半におしいシュートを放ったが後半はチームプレーに終始。ゴールこそなかったが貢献度は高かった。

FW 原口元気

採点 6.5

終了間際にドリブル突破が1回。井手口陽介の決定的なシュートを演出。

なお井手口陽介のゴールシーンに隠れて顔面を殴られ(蹴られ)ている模様が見てとれるが、それだけ激しいプレーでのアシストだったか。

 

それ以外にも運動量豊富にチームを助けたが、強引な突破からボールロストしたのは試合の流れを考えてもマイナス。

FW 岡崎慎司

採点なし。

前線の守備で貢献したがプレー機会が少なかった。

FW 久保裕也

採点なし。

プレー機会は最後の突破からシュート程度で限られていた。

監督 ハリルホジッチ

採点 6

選手起用がずばり当たった結果であり、オーストラリアを研究し作戦勝ちに導いた。

ただ後半途中から3枚のFWを次々と代えたのは消去法的な選手交代に見えるなど、試合の流れに適していたかは疑問。

小林祐希、柴崎岳を使う場面が想像出来ないなどベンチワークには不安が残る。

 

後半に主審ともめるシーンがあったがチームを鼓舞するためなのか、時間稼ぎなのか。

どちらにしても逆効果になりやすいので、国を代表する監督らしい立ち振舞をしてほしかった。

日本代表ロシアW杯に向けて

めでたくW杯出場を決めた日本代表、ここからは本大会に向けたチームづくりが求められます。

過去最高のベスト16を超えられるようにハリルホジッチでいくのかも含めて、いまいちど検討してほしいと思います。

 

スポンサードリンク

-サッカー
-

Copyright© あすダネ , 2018 All Rights Reserved.