毎日の話題とお役立ち情報と雑談など

あすダネ

サッカー スポーツ

ロシアW杯:ポーランドに敗戦も決勝T進出!選手採点と感想

更新日:

大人の選択ともいえる試合の終わらせ方は、批判もあるかも知れませんが個人的に日本のサッカーレベルがここまで来たかと嬉しくもありました。

 

最後の1枚を本田圭佑で引き分けにいくのか、長谷部誠でチームを整えるのか。

西野監督は難しい選択に正解を導き出したと思います。

 

それでは選手採点から。

GK 川島永嗣

採点 6

前半のビックセーブから完全復活。

守備範囲は相変わらず狭かったが仕事は果たした。

 

守護神!

と言えるかというと疑問

DF 酒井宏樹

採点 5

前が原口元気から酒井高徳に変更となり、明らかにやりにくそうに感じた、

前半は良いクロスを1本上げたが、それ以外で存在感は示せず。

DF 吉田麻也

採点 6

レバンドフスキに仕事はさせなかったが自身も仕事は出来ず。

キャプテンマークが重かったのか、昌子不在が大きかったのか。

 

長谷部誠不在を感じさせないキャプテンシーが欲しかった。

DF 槙野智章

採点 5

終始安定せず吉田麻也との息も合わず。

ラインコントロールを乱しファウル癖はいつもどおりで、後半にはあわやオウンゴールの場面もあった。

DF 長友佑都

採点 5

守備は粘り強かったが髪型ほど目立てず。

3試合フル出場は体力的に厳しかったか。

MF 山口蛍

採点 4

ポジショニングが悪く、あわやという横パス、バックパスが散見。

守備の切り替えは早かったが、もとから攻撃のスイッチが入ってなかったかも。

MF 柴崎岳

採点6

連戦で疲れていたように感じたが、守備でも貢献するなど成長も感じた。

ボールの出しどころを探している場面も多かったが、パススピードは世界レベルに近づいていた。

 

1本シュートが欲しい。

MF 酒井高徳

採点3

フレッシュな動きでボールにどんどん絡み、どんどんゴール前に顔を出していた。

 

ただボールに絡めばロストし、ゴール前では何も出来ず。

前半10分までに2つロストしたのは頂けない。

MF 宇佐美貴史

採点 3

運動量が少なく守備も中途半端でリズムに乗れず。

得意のドリブルも世界との壁を感じた。

FW 岡崎慎司

採点 5

前半に得意のダイビングヘッドを見せるも起点は作れず。

試合開始早々から足を気にしていたのは怪我の影響か。

 

運動量も控えめ。

FW 武藤嘉紀

採点 5

岡崎同様起点になれず。

ゴールに向かっていく場面は皆無で、後ろにトラップする場面が多く消極的だったか。

 

右サイドで起用すべき選手だと再確認。

FW 大迫勇也

採点 6

岡崎の故障により後半開始早々から登場。

ポストプレーを何度か見せたが宇佐美・武藤のフォローがなく孤立。

 

サイドに流れても通用していた。

FW 乾貴士

採点 4

攻守に安定せず。

チームの流れを変える力はなかった。

MF 長谷部誠

採点 6

試合を終わらせるフィニッシャーとして仕事を果たした。

交代後から両チームとも無理をしなくなったのもあるが、しっかり落ち着きと秩序をもたらした。

西野監督の采配

6人も先発メンバーを変えてきたのはコンディションを重視した結果で、勇気ある決断。

最後の難しい判断も結果としては正解だった。

 

主力をしっかり休ませられたのは決勝トーナメントに向けて大きなアドバンテージだが、酒井高徳の起用は理解できない。

ポーランド戦の感想

コロンビアとセネガルが引き分けで両チーム勝ち抜けであることから、日本は引き分け以上が絶対条件と思われましたが、非常に幸運な勝ち抜けとなりました。

 

またしてもセットプレーから失点したのは反省して欲しいですが、目標だった決勝トーナメント出場は嬉しいですね。

もう1試合見れる喜びを感じたいと思います。

スポンサードリンク

-サッカー, スポーツ

Copyright© あすダネ , 2018 All Rights Reserved.