明日の話題のタネ。宅建・育児・家電・お笑い・ハワイなど雑多だけど濃い情報

あすダネ

サッカー スポーツ

サッカー日本代表トルクメニスタン戦の感想と採点など(苦戦したん?:アジアカップ2019)

王座奪還を目指すアジアカップ2019は日本代表にとっても重要なのはもちろんですが、森保監督の真価が問われる大会でもあります。

 

各試合の採点と感想を書いていきます。

予選リーグ トルクメニスタン戦

2019年1月9日 20:00キックオフ

結果 3-2  win

 

日本代表はかなり身体が重そうでしたね。

コンディションのピークを大会の後半に合わせているのかも知れませんが、どちらかといえば試合会場のあるUAEの暑さに慣れていないように見えました。

 

トルクメニスタンが選手交代を視野にしながらスプリントを繰り返すのに対して、日本は省エネで戦って失敗しかけた試合だったと思います。

 

負けるはずがない。

見ている側も、そう思いながら応援していましたが、どうにも選手もそう思いながらプレーしているように見えました。

GK  権田修一

採点 5

先制点を許した場面はコーチング不足。

守護神ならプレスを指示するべきだし、指示しないならシュートに対して準備が必要。

 

ファインセーブもあったが2失点目もコーチングに問題があり、レッドカードでもおかしくなかった。

DF 酒井宏樹

採点 6

相変わらず存在感はあったがクロスは精度を欠いていた。ただ中で合わせる選手を考えると少し難しいかも。

 

1失点目は連携不足だったが、省エネに失敗した選手の1人。

DF 吉田麻也

採点 3

ディフェンスラインを統率出来ず槙野との連携もコミュニケーション不足。

 

カウンターに対するリスク管理が出来ておらずディフェンスリーダーとしてもキャプテンとしても今ひとつ。

DF 槙野智章

採点 2

長友を押し上げる訳でも中盤に顔を出す訳でもない中途半端な位置に終始。

 

富安と連携も悪く守備でも苦戦するなど評価出来ない試合。

DF 長友佑都

採点4.5

2点目のアシストは見事。

技術で相手を圧倒して中島翔哉のいない左サイドで起点を作ったが、コンディションはまだまだか。

 

何度かクロスを試みるがファーサイドが高さのない堂案、そして富安が上がって来ない中で上げどころに迷いがあった。

MF 冨安健洋

採点 5

日本代表ではボランチとして初出場。

アビスパ福岡時代の主戦場だったこともあり攻守に躍動し、強力なシュートを放つ。

 

柴崎とのコンビネーションはイマイチで二人のバランスが良くなかったが、それは富安の問題ではない。

引いてロングボールによるカウンターを繰り返すトルクメニスタンのサッカーに対して、守備的なボランチが必要だったかは疑問。

MF 柴崎岳

採点 4

縦への意識は高いが相変わらず通らないパスも多くボールロストからカウンターを受ける原因になっていた。

 

ミドルシュートは枠に飛ばず、ボールを落ち着かすことも出来ず不完全燃焼か。

特に3-1とリードしてから攻め急ぐパスがあったのは減点。

MF 原口元気

採点 6

前半は試合に入ることが出来ず消えていたが、後半から外に開いてから斜めの動きで相手を翻弄し3得点に絡む活躍。

 

大迫との連携が良くなればゴールの期待も高まる動きだった。

MF 南野拓実

採点 4.5

北川との交代が決まった瞬間に覚醒したようにシュートを連発したが、それ以外では消える時間が長かった。

 

相手が密集している場所でボールを受けてはロストを繰り返すなど、スペースを見つけることが出来なかった。

MF 堂安律

採点 6

ゴールという最低限の仕事はしたが中島翔哉不在の影響が大きく感じた選手。

中に切り込んで左足を活かしたいのは理解するが、相手の密集地に飛び込んでボールロストの繰り返しはプレーの幅が少ないことを実感。

 

縦に抜ける力。

そして酒井宏樹と連携する力。

 

この2つを磨かないと先発は厳しいかも。

FW 大迫勇也

採点 6

前半は身体が重いのかクサビのボールを収めらない場面があったが、後半はより高い位置でゴールを狙い2得点。

 

エースストライカーとして仕事を果たした。

FW 北川航也

採点 3

相手のプレスに耐えきれずボールを失うなど、アジアレベルでも個人能力で負ける場面もあった。

 

センターフォワードでのびのびプレーさせないと日本代表では活きないかも。

監督 森保一

採点 3

欲しかった勝ち点3は手に入れたが采配はチグハグだったか。

南野拓実に替えた北川航也が機能せず、大迫勇也など替えの効かない選手を90分プレーさせて交代枠を余らせるなど短期決戦を意識した采配は見られず。

 

リードした場面でも試合をどう終わらせるのかが不明で、2点リードしてからも攻め急いでカウンターから失点などゲームブランが見えなかった。

森保監督で大丈夫なのか

トルクメニスタン相手に余裕を見出すことができずベンチ前で右往左往。

3-1とリードした場面でも必要な選手交代、指示をすることも出来ず北川投入も意図が見えず。

 

また3-2となってからも同様で試合の終わらせ方の引き出しが見えなかったですね。

交代枠も2枚残すなど、もっとも簡単なリードしている終盤に選手交代による時間稼ぎも出来ず、故障を抱えている大迫勇也などを休ませるような先を見据えた交代もなし。

 

アジアカップでここまで余裕がない采配を見ると森保監督では厳しいのではないでしょうか。

 

本大会の結果と内容によっては監督交代を考えてほしい。

そろそろ世界の名将に率いられる日本代表が見たいですね。

-サッカー, スポーツ

Copyright© あすダネ , 2019 All Rights Reserved.