テレビ

無観客開催:R-1グランプリ2020個人的感想と感じたこと

コロナウィルスの影響により初の無観客開催となったR-1グランプリ2020。

長年司会を務めた雨上がり決死隊の宮迫博之が闇営業問題による謹慎のため不在など、今までにない状況でどのような結果になるのか。

 

以前から問題視されるお茶の間投票が改善されるのかどうかも気になりますが、今回も個人的な感想を書いていきます。

Aグループの感想

無観客での舞台が影響したのか、やっぱり序盤のテンポは悪かった気がします。

野田クリスタルが勝ち上がってのは…

メルヘン須長

沢口靖子の代表作『科捜研の女』てSNSにあるあるを切るネタ。

 

モノマネの質はさておいて、ちょっと毒が強すぎるかなぁ。

ブスとかバカとか直線的な言葉ではなぬ、もう一つ捻った毒だと良かった気がします。

 

無観客が影響してテンポが悪かった気もしますが、観客がいたらいたで引かれていたかも知れない。

守谷日和

重要参考人が落語のようにアリバイを証明するネタ。

 

オチで不安定になるも器用さは示した気がします。

面白いけど落語チックということを繰り返しているだけで中身がなかったのは、評価が難しいかも…。

SAKURAI

ギターに乗せて、なんでもない歌を披露するネタ。

 

このネタで観客なしは、ちょっとかわいそうだったかも。

フリからオチのタイミングで笑いがこないので、とてもやりにくそうでしたね。どれもハズしてないのに、スベったような空気になるのはネタ的に不利でした。

 

センスは良かったですし、個人的には好きなネタです。

野田クリスタル

全鉄ゲームのネタ。

 

これ煽りVTRでライブ感を期待させておいておいて蓋をあけたら、ただ作った画面に突っ込むだけだったのがマイナス過ぎたと思います。

 

あの煽りが無ければ、もう少し笑えたかも知れません。

それでも面白くはないのですが…。

Bグループの感想

ルシファー吉岡を除く3人が同点で並んだ結果、すゑひろがりずの南條が勝ち抜けになりました。

 

比重が高すぎるお茶の間投票に加えて、Twitter投票が加わった結果になりましたが、ちょっと人気投票になり過ぎている気がしますね。

ルシファー吉岡

缶コーヒーのネタ。

 

相手がどのような(かわいい?わかい?)女性なのか、ルシファー吉岡自体がまともなのか変質的なのか設定がわからない。

 

男性がボケなのか、女性がボケなのか曖昧なまま終了したような。

期待値が高すぎたのか、いまいち笑えなかったです。

ななまがり森下

乳首が隠せないネタ。

 

これ観客がいないのはきつい。

きついけど面白かったです。

 

やっていることは『くだらないこと』てすがR-1の3分間では強いタイプのネタでしたね。

 

ただネタ後の陣内のツッコミはともかく久本の『よく(決勝に)勝ち上がってきたなぁ』は審査員としては、もっともやってはいけないコメントだったと思います。

 

こうしたコメントは他の審査にも、二本目にも悪影響です。

ハーパーほしのディスコ

プリンと浮気のネタ。

 

うーーーん。

ハマらなかったかな。

 

キングオブコントの時もそうでしたが、このタイプのネタはハマらないと厳しいですね。

すゑひろがりず南條

今と昔の言葉遊びのネタ。

 

面白かったけど最後1分で失速したかなぁ。

昔から今に戻るときには笑いが欲しかったし、ちょっと間が悪かったのは無観客のせいにしていいのかどうか。

 

設定は良かったけど、M-1から今回でネタとしては賞味期限が過ぎたかも。

Cグループの感想

ヒューマン中村とワタリ119の出来が良かったグループでしたが、結果は敗者復活戦から勝ち上がった大谷健太がファイナルステージ行き。

 

全グループとも最後の4人目が勝ち上がっているのは、お茶の間投票共々、採点の問題点が浮き彫りになっている気が…。

ヒューマン中村

受信料のネタ。

 

久しぶりのヒューマン中村でしたが、これは面白い。良く出来たネタだったと思います。

NHKでは絶対出来ないであろうネタですが、展開もよくオチも良かったですね。

 

ただ良かったけど、オチの金額はもう少し高くして欲しかった。

ちょっと『邪魔する』というオチを『安い』ということが邪魔をしてしまった気がします。

おいでやす小田

ら行の言い方のネタ。

 

良くも悪くも勢いだけのネタ。

無観客では不利かなぁ。

 

勢いで押し切るには笑い声がないと厳しいですね。

ワタリ119

119にまつわるフリップネタ。

 

おいでやす小田に続いて勢いネタ。

ただ勢いの中に小ボケが隠されており、ネタの出来も良かったですね。

 

期待値が低かったのも優位でしたし、おいでやす小田という『かませ』がいたのもプラスになりました。

大谷健太

早口言葉のネタ。

 

早口言葉とフリップネタは早口言葉の出来次第であり、最初の一発目の出来が悪かったのが痛かったですね。

これ文字のフリップもあった方が良かったと思います。

 

ネタは良かったけど、良かったけど。

もっと早口言葉が上手ければ…。

ファイナルステージの感想

グループステージの審査には思うところがありますが勝ち上がった3人は、まさに三者三様。

 

野田クリスタル

すゑひろがりず南條

大谷健太

 

優勝したのは野田クリスタル。

うーーーーん。

野田クリスタル

ストッキングのネタ。

 

1本目よりバカバカしさが増していてオチも良かったですね。

こっちの方が桃鉄のネタより好きでしたが、爆笑まではいかず。

すゑひろがりず南條

歌のベストテンのネタ。

 

フォーマットの勝利も、ちょっと間延びするのはグループステージと変わらず。

想像の範囲内だったかなぁ。 

大谷健太

2コマ漫画のネタ。

 

最初のwho are you?で完璧に掴むなど1本目より面白かった。

オチのBIGBONUSがスベったのはもったいなかったけど、これは逆転あるかと思わせる出来だったと思います。

R-1グランプリ2020の感想

去年までの課題であったお茶の間投票の比率の大きさと人気投票になっている問題は解消されず、更にTwitter投票で酷くなりましたね。

審査員の投票も疑問が多く、無観客による盛り上がり以前にコンテンツとしての問題は大きかったと思います。

 

野田クリスタルの優勝は素直に良かったと思いますが、披露した2本のネタと例えばヒューマン中村のネタと比較した時に、すっきりするかと言えば、ちょっと違うような。

 

今日の出来ならななまがり森下、ヒューマン中村あたりが勝ち上がって欲しかったところです。

-テレビ

Copyright© あすダネ , 2020 All Rights Reserved.